1.30支援団「発足のつどい」福島からバスが出ます!

1月30日は、「福島原発刑事訴訟支援団」の「発足のつどい」が、東京目黒の目黒区民センターホールで開催されます!福島発着の貸し切りバスをご用意いたしますので、どうぞみなさまご参加ください!

チラシPDFダウンロードはこちらをクリック

福島原発刑事訴訟支援団1.30発足のつどい

  • 日時 2016年1月30日(土) 14:00~16:30(開場13:30)
  • 場所 目黒区民センターホール(東京都目黒区二丁目4-36 目黒駅から徒歩10分)
  • 主催: 福島原発刑事訴訟支援団準備会
  • お問い合わせ先:福島原発告訴団
  • 参加無料

 

福島発着バスのお申し込み
バス発着時間

  • 往路 福島駅西口発8:30 ~ 郡山教組会館発9:30 ~ 目黒区民センター着13:30
  • 復路 目黒区民センター発17:00 ~ 郡山教組会館着21:00頃 ~ 福島駅西口着22:00頃
  • バスのお申し込みの際には、乗降場所・ご連絡先をお知らせください。
  • 片道・往復ともに1,500円です

呼びかけ人

石丸小四郎(福島原発告訴団副団長)、海渡雄一(弁護士)、鎌田慧(ルポライター)、河合弘之(弁護士)、神田香織(講談師)、佐藤和良(前いわき市議)、添田孝史(サイエンスライター)、広瀬隆(作家)、満田夏花(国際環境NGO FoE Japan理事)、水戸喜世子(大飯・高浜原発仮処分福井支援の会副代表)、武藤類子(福島原発告訴団団長)、保田行雄(弁護士)

賛同人(1月17日現在)

アイリーン・美緒子・スミス(NGOグリーン・アクション代表)、明石昇二郎(ルポライター)、秋山豊寛(ジャーナリスト)、安積遊歩(人権活動家)、雨宮処凛(作家)、今中哲二(京都大学原子炉実験所助教)、落合恵子(作家)、鎌仲ひとみ(映画監督)、小森陽一(国文学者)、崎山比早子(元国会事故調委員)、島田恵(映画監督)、高木久仁子(高木基金事務局長)、田中三彦(サイエンスライター)、中嶌哲演(明通寺住職)、ノーマ・フィールド(シカゴ大学名誉教授)、花崎皋平(哲学者)、広河隆一(フォトジャーナリスト)、藤崎光子(JR福知山線脱線事故遺族)、湯浅一郎(NGO法人ピースデポ副代表)、横湯園子(教育学者)、渡辺一枝(作家)

1-30omote
1-30ura
転載コンテンツです。
このページのコンテンツは、福島原発告訴団ブログ( http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/ )より転載した内容となります。